So-net無料ブログ作成

品川トリオオープン

昨日は品川トリオオープンに参加しました。21チーム63名と大盛況の大会でした。私は麻布オセロ部部長の金子君と会計の田坂君と3人で「麻布学園オセロ部チーム」として参加しました。


1回戦
●村上 健 Murakami Takeshi
○井本 渉 Imoto Wataru

1回戦は「婚活チーム」の井本三段。序盤の19はこの一手だと思ったのですが悪手。ここはd2と打てば互角だったようです。20が絶好手で苦しくなりました。22はg6で厳しいと思っていたのですが、白は見逃してc7。これで振り出しに戻ったのですが27が疑問。ここは黒b8と取るべきで、以下白g8なら黒e8、白f8なら黒b6で黒打てていました。右下隅を捨てたのは大局感が悪く黒苦戦。しかし34が再び疑問手。白はどう打つべきでしょうか?

正解は34a6! これなら次黒h4に対して白h7と打てます。実戦は黒にh4とh7の両方を打たれて損でした。36は右下の3個空きに先着する当然の手ですが、「黒からg8とh7を連打されないように打つ」という制約を抱えることになりました。以降微妙な終盤戦が続きます。さて52はどこに打つべきでしょうか?

52の正解は白h7! 白から打てない1個空きを作る打ちづらい手ですが、黒がその1個空きを温存すると白g1!で白はg列を確保します。それを嫌って黒g8(最善)なら白b7で綺麗に偶数形。これなら白2石勝ちの形勢でした。52以降は一本道です。58で白g1なら黒はg8→h7の連打です。かといってそれを避けて白h7→黒g8→白g1では白はg列を取れません。この右下と右上の3個空きが黒に都合の良いようになっていたお陰で勝つことができました。

2回戦以降はまた後で。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。