So-net無料ブログ作成
検索選択

さいたまオープン解答

こしあんさん、はせらさん、そしてNO NAMEさん、コメントありがとうございます! では正解を。

木村vs菱山①.png
黒番。最善手順は?

②.png
一手目はh1です。次に白の選択肢は3つありますが、b2は黒e1から黒a1→a8→b7の連打で白勝てません。従って白の手はg1かh2ということになります。

15.png
白がg1に打った場合黒はh2に打ちます。ここで白b2は、やはり黒e1から黒a1→a8→b7の連打で駄目なので白はe1の一手。そこで黒b2が好手。

④.png
これで黒はb7という大きな手止まりを残して快勝です。

⑤.png
従って2手目の白はh2が正解。こう打たれると黒は上辺をどう埋めていってもいずれ白b2と打たれ、ホワイトライン(a1~h8の斜めライン)の白通しのためにa1の隅を取れず勝てないように見えます。

16.png
そこで黒b7→白a8でe4の黒石を白くしてもらい、黒b1!でg6を黒くして黒g1→e1の連打を狙う、という発想が生まれれば正解に近付きます。

⑥.png
しかし3手目ですぐに黒b7には白b2!が好手。黒がg列を返しつつg1に打つには白a8→黒b1の交換を実現しなければなりませんが、黒番でかつ白にa8の余裕手が残っているこの状況では、白a8→黒b1の交換をすぐに強制することはできません。唯一黒e1→白g1→黒a1とすれば白a8を強制できますが、その段階では既に黒b1の手の価値がなくなっているのです(g1が既に埋まっているため)。

7.png
「黒b7の時に確実に白a8と取ってもらうにはどうしたら良いか?」と考えて初めて3手目の正解にたどりつきます。それは黒b2!

8.png
白はa1と隅を取るしかありません。あとは一本道です。

9.png
e4の黒石を白くしてもらうために黒b7。

10.png
指定打ちの白a8。

11.png
g6を黒くするために黒b1。

12.png
指定打ちの白c1。

13.png
遠大な計画を実現した黒g1。

14.png
白はパスで手止まりは黒に。黒2石勝ち。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。