So-net無料ブログ作成
検索選択

りんかいチャンレンジカップ

昨日はりんかいチャンレンジカップのアドバンスト部門に参加しました。この大会は初めて参加したのですが、三段以上の選手だけ参加できる部門ということで、強豪選手と多数対戦できたのが良かったです。4勝2敗第3位となかなかの好成績を取ることができました。詳しい解説をする時間がないので、一言コメントと棋譜を載せておきます。


1回戦
●時 優瑚 Toki Yugo
○村上 健 Murakami Takeshi

ずっと大苦戦だったのですが49が痛恨の敗着。f8を空けて右下を3個空きで残しておけば、白は偶数理論から白h8→黒h7→白f8と打つことになります。この手順ならば右辺に黒の確定石3個(h5、h6、h7)が残るため、h7に打たされて右辺を全て白に取られてしまった実戦よりも明らかに得でした。



2回戦
●村上 健 Murakami Takeshi
○三屋伸明 Mitsuya Nobuaki

30が疑問。31が好手で黒e3、g6と2箇所に黒の好手が残ってしまいました。41が勝負を決める好手。



3回戦
●村上 健 Murakami Takeshi
○中島哲也 Nakajima Tetsuya

16でh4なら互角でした。実戦16が悪手で以後白が大苦戦に。



4回戦
●村上 健 Murakami Takeshi
宮崎裕司 Miyazaki Yuji

これは非常に面白い好局です。53と打った時点では黒の勝ちだと思っていたのですが、そこで絶好調宮崎五段のマジックが出ます。54が局面を混迷させる好手! そこでまんまとマジックにハマった55が敗着。ぜひ読者の皆さんもこのあたりの局面を読んでみて下さい。オセロの終盤の醍醐味が味わえることと思います。



5回戦
●村上 健 Murakami Takeshi
○高梨悠介 Takanashi Yusuke

得意の種石切りで強引に攻めたのですが、流石3回目の世界チャンピオンとなったばかりの王者高梨九段。隙がありません。私の完敗に…。


6回戦
●小塚勝彦 Kozuka Katsuhiko
○村上 健 Murakami Takeshi

ワールドカップ日本代表を決め、「長くやっていればたまには良いことがあるのですね」という小塚五段。全くその通り。同世代のベテランの活躍は嬉しいものですね。ワールドカップでは3日目のベスト8出場を目指して頑張って欲しいです。さてこの試合は途中随分白が良いような気がしたのですが、30~34の打ち方がまずく好手35で形勢不明に。敗着は43。ここは黒h2なら僅かに黒優勢でした。44以降は一本道で白の勝勢になりました。


nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

はせら

とりあえず、小塚さんとの試合だけ拝見しましたが、面白いですね。
まずかったはずの30でb列が真っ白になって、その関係で終盤逆偶数にならない=49b2がない(だからこそ48b7で綺麗に決まるわけですが)。
勿論、無数の分岐の中からこうなったわけですが、オセロの面白さを感じました。
by はせら (2012-12-09 19:32) 

はせら

続き:30の意味がまさにそれだったのかな、とも思います。
教科書的には一色のウイングは悪形のはずですが、この場合は将来も黒からb2に打てない状態を維持できそうに見えるし、黒g2に対しても良いですね(確かに、35まで見ると微妙な感じになっていて、解説の通りなのだろうと思いますが)。

by はせら (2012-12-09 19:42) 

murakami_takeshi

はせらさん

30はずいぶん迷いました。私はこのような種石を切って相手の手を減らしていく手が大好きなのですが、「相手の手が減る」ことは「相手が迷って間違える余地が減る」ことでもあるので、実はあまり良くないケースが多いですね。多分ほとんどの高段者は30でg5に打つでしょうし、恐らくその手の方が良いのでしょう。しかしはせらさんの言う通り、30で上辺を白一色にしたから終盤は勝ちになったので、不思議なものです。この大会は面白い対局が多かったです。
by murakami_takeshi (2012-12-12 23:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。