So-net無料ブログ作成

Brightwell vs Caspard 戦 解答

随分と遅くなってしまいましたが、Brightwell vs Caspard戦の解答を。

Brightwell vs Caspard.png
Brightwell(黒)vs Caspard(白) 白番

オセロで勝敗を分ける要素は沢山ありますが、「相手の好手を事前に察知できるか否か」というのは非常に大切なポイントです。私も全盛期には相手の手を徹底的に読んで消去法で自分の着手を決めることが多々ありました。もちろん今でもそのスタイルは変わらないのですが、残念ながら相手の好手を見逃して負けることも多くなりました。この局面も、もし実戦で現れたら間違えてしまいそうです。

正解はyastyさんのコメントにあった通りc8です。しかしCaspardは初手f8に打ってしまいました。

Brightwell vs Caspard ①.png

一見これで白が勝てそうなのですが、次のBrightwellの手が痛烈!

Brightwell vs Caspard ②.png

これが実にうまい手です。白はa1と隅を取るしかありませんが、この交換で出来たb3の黒石を利用して黒はb7と打ちます。

Brightwell vs Caspard ③.png

これでもはや白には打つ手がありません。白c8には黒a8、白b8には黒c8、白a7には黒b8!が好手で、白はブラックラインを切ることができないのです。

Brightwell vs Caspard ④.png
黒番

初手c8ならば偶数理論が利いて白の勝ちでした。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。