So-net無料ブログ作成
検索選択

世界選手権大会②

世界選手権が終わりました。3日間、手に汗を握りながら観戦しました。今はネット経由で上位の対戦をほぼリアルタイムで観戦することができます。また対局上の映像も見ることができます。全く良い時代になったものですね。

私は元麻布オセロ部の山川王座を応援していたのですが、残念ながら準決勝で敗れてしまいました。大熱戦の第1局を落としたのが悔やまれます。http://www.woc2013.se/transcripts/round_14/html/OKAMOTO%20Kazuk-YAMAKAWA%20Taka.htm

50手目はg3で白勝ち(黒h4なら白g2→白h2の連打があるため黒厳しい)だったようですが、時間がなかったのでしょう。実戦の50でも良さそうに見えますが、対する51g7が絶好手! この交換を入れたために次の52g3の効果が薄れてしまっています(黒h4と打たれても白g2→白h2の連打がない。白g2だと縦も返るため)。観戦している私には最後までどちらが勝っているか分からなかったのですが、なんと測ったように2石負け。

それにしても岡本新世界チャンピオンは強いですね。オセロニュース107号(2012年4月発行)に私が書いた文章を引用します。

「国内メジャー大会(名人戦、全日本選手権、王座戦)全てを制した選手、すなわちグランドスラムを達成した選手は過去に3人しかいない。為則九段、滝沢九段、そして中島八段。いずれもオセロ歴30年以上の大ベテランだ。岡本七段は名人戦を制し、弱冠17歳にして史上4人目のグランドスラム達成者となった。しかし本人は満足していないだろう。過去2回の世界選手権で突破できなかったベスト4進出の壁を破り、世界の頂点に上り詰めることしか考えていないはずだ。そしてその可能性は充分にある。頑張れ岡本新名人!」

「満足していない」のくだりは私が推測で書いたのですが、多分間違ってないでしょう。4回目の世界選手権出場で遂に栄冠をつかんだ岡本名人、本当におめでとうございます!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。