So-net無料ブログ作成

名人戦

日曜日は名人戦に参加しました。初めての大阪開催です。私は家庭の事情で日帰り参加。朝6:00時品川始発の新幹線に乗って行き、大会終了後は新大阪6:30発の新幹線で帰りました。

白を持った時のバリエーションを増やそうとここ数大会は縦取りを試みていたのですが、付け焼刃ではなかなか勝てません。今日は白を持ったらいつもの斜め取りで行こうと決めていました。伏石で勝った時は白を選び、負けた時も相手が皆引き分け勝を選んだので、結果的に7試合全て得意の白番を持つことができました。


1回戦
●山川高志 Yamakawa Takashi
○村上 健 Murakami Takeshi

いきなり山川王座と対戦! 途中までなかなかうまく打てたのですが、40が悪手。ここは平凡に白g3と埋めるべきでした。以下黒h4→白g5→黒h6でc7~g3の斜めラインを白通しにするのが正しい構想で、その後白f8→黒g8→白f7→黒g6→白h1→黒b2→白b7!できれいに詰めることができます。残念ながらここまで読むことができず実戦は40白b7。以下b1に白から打てない1個空きを作らされて苦戦です。黒49はb8が第一感ですが、左下の白連打が含みになって後が難しそうです(黒+10)。長考の末に山川七段は黒h2! 「双方が打てる左下の3個空きに白から先着させる」「黒からしか打てないh2の1個空きを潰す」「右辺をただで白に与えてしまう」というマイナス面ばかり目につく手ですが、あとはほぼ一本道で黒の4石勝ちです。勿論山川七段は勝ちを読み切っての着手で、その着想と正確な読みに感嘆しました。



2回戦
●中山貴博 Nakayama Takahiro
○村上 健 Murakami Takeshi

序盤から徐々に白が良くなったのですが、26がその優勢を失う悪手。ここは2方向に石を返すもののc5が最善でした。ところが27が悪手のお返し。ここはc5に埋め、以下白g6→黒e7!なら互角の展開でした。実戦27→28の交換は「外と内」の交換になっており黒の損。以降は白勝勢です。



3回戦
●堀内惠子 Horiuchi Keiko
○村上 健 Murakami Takeshi

序盤から徐々に白が優勢に。黒は上辺と右辺に作った形が悪く、粘れない形になってしまいました。



4回戦
●佐藤裕貴 Sato Hirotaka
○村上 健 Murakami Takeshi

黒21~29が好手順。途中でうまい変化もなさそうです。30で長考したのですが結局b3へ。しかしこれが疑問手だったようです。皆さんが白だったら30でどう打ちますか?

正解は白f7→黒b8→白d8→黒g8→白b3。これが実にうまい手順で、次に黒g6なら白f3。黒e2やf2なら白g7!がうまく黒はホワイトラインを切ることができません。実戦は32でd8なら黒f7!で困ります。32~34は苦し紛れの手順。次黒g8で白負けを覚悟していたのですが…。少考の後に打たれた35f2が痛恨の敗着! 36と打たれると、黒がどう打ってもいずれ左下が白の連打になってしまいます。



5回戦
●土屋圭史朗 Tsuchiya Keishiro
○村上 健 Murakami Takeshi

対戦前に土屋三段が「シマスケです」。なんと、私が常々お世話になっている「ピースケの終盤練習」の作者だったのです! ソフトに対するお礼を言ってから対局開始。序盤から未知の展開になりました。私の22はやり過ぎの悪手。ここは白c6→黒c7→白a6で白優勢でした。25はg3が嫌でした(白e1に打ちにくくなる)。30でf1は以下黒c1→白b1→黒g3でまずいと思ったのですが、実はそこで白f7!と打つ好手があって白優勢でした。34でc7は黒d8!で息が詰まります。双方残り時間が少なく悪手を打ち合って48まで。ここで黒はどう打つべきでしょうか?

正解は黒h1! 以下白g1→黒h5→白a1→黒a2!→白a6→黒b7!→白h7→黒h8→白a8→黒g8→白g7。これで黒の引き分け勝ちでした。



6回戦
●松本大志 Matsumoto Hiroshi
○村上 健 Murakami Takeshi

序盤から互角の接戦が続いて迎えた白46手目。ここで私の打った白g7は黒a4を強制して白h7に打つ狙い。この手は最善手だったのですが、あとの打ち方が難しくなりました。もう一つの最善手は46白e1! これなら黒の方が打ち方が難しく(普通に黒f1だと白g7で白2石勝ち形勢)、白有望局面でした。この48で白e1は遅く、黒h7!で大敗です。「なんで46でe1に当てておかなかったんだろう」と後悔したのですが、実は先ほども書いた通り46でe1もg7も同価値で引き分けの形勢。49はこの一手でこれで黒勝ちと私も松本六段も信じていたのですが、実は2石損の緩着(正解は黒h4)。つまり黒49と打たれた局面は白の2石勝ち形勢なのです。皆さんも白がどう寄せたら勝てるのかぜひ考えてみて下さい。

正解は白g1→黒h4→白a2! 白g1は第一感ですが、黒h4となった時に白はh2ぐらいしか思いつきませんでした。それでは白足りないので初手g1を切り捨ててしまったのです。白50での最善手順は白g1→黒h4→白a2!→黒h8→白g8→黒h2→白f1!→黒a1→白b2→黒g2!→白h1。白2石勝ち。なんともうまい寄せ手順です。これで2敗目を喫し、王座戦の出場権(5勝以上)を得るには次の試合を勝つことが必須となりました。



7回戦
●北野大地 Kitano Daichi
○村上 健 Murakami Takeshi

王座戦の出場権を賭けた4勝者同士の最終戦。相手は前日の名人戦中学生部門で優勝した北野三段。序盤はやや有利だと感じたのですが27が絶好手。この手を予想して26ではg3に打つべきでした。28~30は苦しい粘り。31は疑問。せっかく作らせた白から打てない1個空きを潰し、h4の黒石のせいで黒が左下方面に打ちにくくなっています(斜め右方面の白石も返るため)。ここは単にc7が良さそうです。敗着は恐らく33。黒d1→白b1の交換を入れてしまったために38が絶好手になってしまいました。上辺の交換なしに同じ進行なら白はd7に打てません。これならまだまだ先の長い試合でした。38となると黒がどう打っても偶数理論が効く形。46~48が偶数理論を維持する簡明な寄せ手順です。

初戦でいきなり負けてしまったのは残念でしたが、5勝2敗で王座戦の出場権を獲得できて非常に嬉しかったです。優勝は末國九段。中盤から終盤にかけての末國九段の構想の立て方は全く素晴らしいと思います。ぜひタイで頑張ってほしいですね!

nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

でってぃう

名人戦お疲れ様です!
どの棋譜も見ごたえがあって、大変面白かったです。
……実は、僕も先日の名人戦に参加してました;
会場で村上さんの姿を見たので声を掛けようかと思いましたが、恐れ多くて声を掛けることが出来ませんでした(;^_^)
またどこかの大会でお会いしましたら、その時はしっかり挨拶したいと思いますのでよろしくお願いしますm(_ _)m
by でってぃう (2014-03-26 16:17) 

murakami_takeshi

でってぃうさん、棋譜を全部並べて下さったんですね。嬉しいです。今度お会いしたらぜひ声を掛けて下さい!

by murakami_takeshi (2014-03-26 21:25) 

シマスケ

対局ありがとうございました!
一度対戦してみたいと思っていたのですがなかなか関東と関西で機会がありませんでした。今回願いが叶ってよかったです!結果は負けてしまいましたが残り時間が少なくなってから村上さんの気迫がすごかったです>< 
また対戦よろしくお願いいたします。

by シマスケ (2014-03-26 23:39) 

murakami_takeshi

シマスケさん、こちらこそありがとうございました! 非常に内容の面白い熱戦でしたね。確かに気迫はあったのですが、時間も少なくて読み切れず最後の方は指運に恵まれたと思います。再度の対局を楽しみにしています。

それにしてもピースケの終盤練習にはいつもお世話になっています。このソフトで終盤の感覚を少し取り戻していたことが、王座戦の権利を取れた要因の一つに違いありません。本当に感謝しています!

by murakami_takeshi (2014-03-27 00:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。