So-net無料ブログ作成
検索選択

末國九段の言葉

先日の名人戦で決勝戦が終わった後、短時間末國九段にインタビューをしました。その中で「末國さんは終盤が非常に強いですが、詰めオセロなどで練習しているのですか?」と私が尋ねたところ、「詰めオセロも勉強になるとは思いますが、実戦で大切なのは中盤から終盤にかけていかに構想を立てるかということなので、実戦が一番の勉強になります」との答えが返ってきたのがとても印象に残りました。

私は家庭の事情もあるので月に2回大会に参加できれば多い方です。恐らく平均の実戦数は月に10試合程度でしょう。しかしこれでは上達にも限りがあります。実戦(長時間持ちの生オセロ)の数を増やすように今後努力しようと思いました。

ところで明日から麻布学園オセロ部の春合宿です。年に2回だけですが、4泊5日のあいだ朝から晩までオセロの実戦に明け暮れる貴重な練習の機会なので、無駄にしないように集中したいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。