So-net無料ブログ作成
検索選択

ベルク戦・解答、タステvsブライトウェル戦

長谷川さん、山川さん、NO NAMEさん、谷田さん、コメントありがとうございます!! すぐに分かった方も多いようで驚きました。試合中私もベルクも全く正解が見えていませんでした。

マシアス戦.png
再掲 黒:村上 白:ベルク  白番

ここでベルクは白a8→黒f8→白h7。これは右下一帯を白にするうまい手順なのですが、次に黒g1で逆偶数理論になり、残り3個所全てで手止まりを打った黒が2石勝ちになりました。

マシアス戦②.png

正解は白g2! なかなか気づきにくい手ですが、確かにこう打たれると4隅は全て2個空きで、どこに黒が打っても白が手止まりを打ちます。つまり「黒→→黒→→黒→→黒→」ですね。白g2のもう一つのメリットはg7を白くして左上に白が打てるようにしている点です。白g2以下は黒h1→白a1→黒g1→白a2→黒f8→白h7→黒a7→白a8で白の4石勝ちになります。

山川さんと谷田さんのコメントにもありますが、自分がかつて同じような局面を経験していると正解が見つけ易いですね。私も実は昔この筋を見たことがあります。

Marriage of the Eel.png
黒:Marc Tastet 白:Graham Brightwell  黒番

これは1989年夏号のイギリスオセロ連盟機関紙の表紙に載っている局面で、最善手順で進めると今回のベルク戦と同じ筋が現れます。非常に難しい局面ですが、ぜひ考えてみて下さい。



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。