So-net無料ブログ作成

フランス語46 (ノルウェイの森のワンシーン)

「名人戦の試合を復習しなければ」と思いつつ、ついついフランス語の勉強に向かってしまう今日この頃です。

ユーチューブで見つけたノルウェイの森のフランス語吹き換え版をパラパラと見ていたところ、不思議な場面にぶつかりました。レストランで男二人と女一人が静かに話しているだけのシーンなのですが、いわく言い難い迫力があって目を離すことができません。最初は聴き取れないセリフがかなりあったのですが、何度も聞いているうちにほぼ全部聴き取れるようになりました。

実は私は村上春樹の作品を一度も読んだことがありません。映画も観たことがありません。しかしこのシーンを見て興味が湧いてきました。「ノルウェイの森」の仏語訳を読んでも良いかもしれません。読者の皆さんもぜひ見てみて下さい。下のリンクの動画の1時間14分27秒から始まります。

http://www.youtube.com/watch?v=8eWexIWZh9Q (1 時間14分27秒~)

imagesCAORRK7S.jpg

“Ce n’est pas la première fois qu’on échange des filles, lui et moi.” “Watanabe, tu confirms?” “Tu peux lui dire, je m’en fiche.” “J’aimerais bien entendre cette histoire. Je suis sûr que c’est très intéressant.” “On était ivre.” “Je ne suis pas là pour vous juger. Je ne vous ferai pas de reproche. Allez, je veux seulement que tu me racontes ce qui s’est passé.” “On était tous les deux dans un bar de Shibuya et on est tombé sur deux filles avec qui on a sympathisées. C’étaient deux étudiantes. Elles étaient aussi sous le canon. Enfin, bon, on est allé à l’hôtel et on a couché ensemble. La chambre de Nagasawa était juste à côté de la mienne, et pendant la nui il est vunu frapper à la porte, et m’a proposé enfin ?????? échanger des filles. Alors je suis allé dans sa chambre, et lui dans la mienne. Voilà.” “Est-ce que tu as aimé ça?” “Je n’ai pas forcément trouvé ça génial.” “Ah oui? Alors, explique moi pourquoi tu l’as fait.” “Parce que je lui ai proposé.” “C’est à Watanabe que je pose la question. Je veux savoir pourquoi tu l’as fait.” “Il m’arrive parfois d’avoir très envie de coucher avec une fille.” “Écoute moi, Watanabe. Encore une fois, je ne suis pas là pour te faire de reproche. Mais tout ça ne te ressemble pas. Tout cela est indigue de toi. Mais tu le sens bien au fond de toi, non? Je ne t’apprends rien.” “Oui, c’est ce que je me dis parfois.” “Alors, pourquoi tu continues?” “Laisse-moi clarifier sa situation. Watanabe aime une fille, mais pour diverses raisons il ne la baise pas. Alors pour le sex il va ??? ailleurs. C’est simple.” “Watanabe, si tu aimes vraiment cette fille, tu dois pouvoir attendre qu’elle soit prête, tu ne crois pas?” “Tu as sans doubt raison.” “Ce n’est qu’un jeu. Sans réele conséquence. Ça ne blesse personne.” “Si, je me sens blessée, moi. Pourquoi je ne t’ai jamais suffi?” “Tu sais bien que ce n’est pas le problème.”

「今までにも彼と僕で女の子を交換したことがある」「渡辺君、本当?」「言ってもいいよ。僕は構わない」「この話を聞きたいわ。きっととても面白いでしょう」「酔ってたんだ」「あなたの行動を責めるつもりはないわ。ね、何が起こったか知りたいだけなの」「二人で渋谷のバーにいて、女の子二人と仲よくなったんだ。二人とも学生だった。彼女たちも酔ってた。で結局、ホテルに行って寝た。僕の隣の部屋にいた永沢が夜に僕の部屋のドアを叩いた。そして女の子を交換しようと言ったんだ。だから僕は彼の部屋に行き、彼は僕の部屋に行った。そういう事さ」「あなた、それが楽しかったの?」「すごく良かったという訳じゃない」「そう? じゃあなぜあなたがそうしたか説明して」「僕が彼にそうしようと言ったからさ」「私は渡辺君に訊いているの。あなたがなぜそうしたか知りたいのよ」「時々、無性に女の子と寝たくなるんだ」「ねぇ渡辺君。私はあなたを責めるためにここにいる訳じゃない。でもこの話はあなたらしくない。あなたに相応しくないわ。でもあなたも心の底では分かっているでしょ? 私に言われなくても」「時々自分でもそう思う」「じゃなぜそんなことを続けるの?」「僕が彼の状況を説明するよ。渡辺はある女の子を愛している。しかし色々な事情で彼女を抱くことができない。だからセックスはよそでするのさ。単純な話だ」「渡辺君、もしあなたが本当にその女の子を愛しているなら、彼女がその気になるまで待てるはずでしょ、ね?」「多分君の言うとおりだ」「単なる遊びだよ。大した事じゃない。誰も傷つきやしない」「いいえ、私は傷ついたわ。なんで私だけじゃ駄目なの?」「別に君だけだと駄目ということはない」

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。