So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス語51 (トラン・アン・ユン監督インタビュー)

ノルウェイの森を監督したトラン・アン・ユン監督のインタビューです。途中何箇所か映画の場面も紹介されています。前回の投稿で取り上げた場面(渡辺、初美、永沢がレストランで語り合う場面)もあり、フランス語の字幕がついています。この字幕と吹き替え版のフランス語が結構違っているのも興味深いです。

Tran Anh Hung.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=GqUXPIJVZQw

Je m’appelle Tran Anh Hung. J’ai fait cinq films en vingt ans, ce qui est peu. J’ai fait L'Odeur de la papaye verte, le premier film. Ensuite Cyclo, et À la verticale de l'été. Et puis un quatrième film qui ne sortira pas qui s’appelle I come with the rain. Et puis La Ballade de l'impossible.
La Ballade de l'impossible parle du premier amour et du chagrin de perdre la personne qu’on aime. Ensuite d’un parcours difficile pour surmonter cette souffrance et pour pouvoir continuer à vivre, d’aller vers une autre femme et lui dire je t’aime. Ce qui m’avait touché à la lecture du livre, c’était cette sensation d’intimité très grande que j’ai pu entretenir avec les personnages, avec l’histoire. Murakami, ce n’est pas quelqu’un qui est fasciné au, qui aime travailler des phrases, comment dire, d’une manière brillante ou d’une manière virtuose. Il aime dépouiller patiemment les puits de l’âme humaine, voilà. Et c’est étonnant de le voir dépouiller d’une manière, comment dire, infiniment, voilà. On est toujours étonné de voir qu’il continnue à dépouiller, dépouiller dans ses histoires, et à chaque puits dévoilé, on gagne au profondeur dans notre propre sujet. Lire ses livres, très souvent, c’est aussi dangereux, dans la mesure ou on a l’impression, que tout ce qui est toxique en nous, tout le poison qu’on contient dans la noirceur de notre être remontent à la surface et menacent de vous étouffer.

 私はトラン・アン・ユンです。私は20年で映画を5本作りました。少ないですね。最初に「青いパパイヤの香り」を作りました。次に「シクロ」、そして「夏至」です。それから「アイ・カム・ウイズ・ザ・レイン」という未公開作品、その次が「ノルウェイの森」です。
 「ノルウェイの森」は初恋、そして愛する人を失う苦しみを描いています。そしてこの苦しみを乗り越えて生き続け、別の女性を愛するという困難な道程を描いています。私はこの小説を読んで、登場人物たちとその物語にとても強い親近感を感じました。村上は表現に技巧を凝らす作家ではありません。彼は人間の魂の井戸を辛抱強く掘り下げていくのが好きなのです。彼が果てしなく掘り下げていく、そのさまは驚ろくべきものです。彼が新しい井戸の底を明らかにするたびに、私たち読者は私たち自身の心の深奥に至ることになります。彼の本を読むことはしばしば危険なことです。なぜならば、読者自身の心の奥底にある全ての毒が表面に浮上し、私たちを窒息させようとするからです。

nice!(2)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。