So-net無料ブログ作成

全日本選手権大会

前日の土曜日はジュニアグランプリ・関東ブロック予選に参加する息子の応援に行きました。息子は最初3連勝で「全国大会進出か!?」と期待したのですが、残念ながらあとを2連敗で全国大会出場は逃してしまいました。しかし初出場にしてはよく頑張ったと思います。翌日は父の出番。王座戦の出場権獲得(3勝以上)もかかっているので気合いが入りました。


1回戦
●向井大輔 Mukai Daisuke
○村上 健 Murakami Takeshi

序盤で良くなったと思ったのですが、16が緩かったようで振り出しに。16はc6と打つべきでした。33はf7を恐れていたので、少し有難いと思いました。39はh5→白h3→黒a4…がベター。43が局面を平易にした実質的な敗着。ここはh3に切り返すべきで、それなら白はh2という怖い辺取りか、その他の場所に打って黒g2を許すかの選択を迫られます。これならまだまだ難しい局面でした。実戦43以降は比較的安全な白勝ち局面となりました。



2回戦
●藤田 健 Fujita Takeshi
○村上 健 Murakami Takeshi

17は少し有難く感じました。このような2個空きは後に残しておく方が良さそうです。前半随分有利になったと思ったのですが、左辺方面の打ち方が下手だったようで微妙な形に。右辺方面の打ち方も分からず、自分の終盤力のなさに呆れました。取りあえず、45と打たれてかなり危険な形勢になったことは分かりました。白は48でどう打つべきでしょうか?

盤面の右下にあるPutの左の□をクリックすると盤面の色が変わり、好きな手を進めることができるようになります。ぜひ次の最善手順を進めてみて下さい。48白h5!→黒h4→白c8→黒h8→白h7→黒h1→白a8。ここで黒は左上を打つことになりますが、黒b1にせよ、あるいは黒b2→白a2→黒b1にせよ、g1の白石を返すことになります。そこで白g4→h2の連打が成立して白の勝ちとなります。この手順が唯一白の簡明手順(プラス8)で、後は2石勝ちと引き分け、その他は白負け。

オセロの終盤は難しい、とつくづく思います。と同時に、序盤でコンピューターが教える最善進行を選ぶことの価値の低さも感じます。序盤でゼブラがマイナス8石と断じる手を打つことにためらいを感じる方も多いと思いますが、この試合の終盤を見ても分かる通り、8石程度の差は終盤で簡単にひっくり返ります。結局は終盤力。詰めオセロを多く解いて終盤の勝ちパターン、負けパターンを学び、中盤から終盤にかけての構想力を高めていくことが真の実力アップに不可欠と感じます。(もう一度Putの左の□をクリックするともとの局面に戻ります)

さて、終盤力が衰え気味の私は48でc8! これは8石損の悪手。黒は55でどう打つべきでしょうか?

実戦b2が敗着。以下一本道で白の2石勝ちです。55の正解はg4。こう打たれると白は右辺を取るために白b2→黒a1→白h7と進めるのがほぼ必然となり、以下黒h5→白h4で黒の2石勝ち。黒は残り時間が3分以上あった勿体ない敗戦で、局後藤田三段もその点を反省していました。 



3回戦
●宮崎裕司 Miyazaki Yuji
○村上 健 Murakami Takeshi

22が疑問手。ここは白g3の手を消して打ちにくい手ではありますが白f6!→黒e6→白c7で互角でした。対して黒23~25がうまい手順。26はこれまた打ちにくい手ですがf6にすぐに打った方が良かったようです。実戦のX打ちは大きな負担で以下白敗勢に。黒は51でどう寄せるべきでしょうか?

正解は黒a2!→白a1→黒d1。これなら黒は数か所で手止まりを打って簡明です(黒+20の形勢)。実戦51は形勢を楽観したミス。これで形勢急接近ですが、逆転には至りませんでした。



4回戦
●岩田浩幸 Iwata Hiroyuki
○村上 健 Murakami Takeshi

これは反省点の多い試合です。まず持ち時間の使い方。岩田五段が一手一手にたっぷり時間を使うのに対して私はほとんどノータイムの連続。30まで何回か実戦経験があり、いずれもかなりの優勢を感じていたので楽観していました。しかしたとえどれだけ優勢だろうが一手のミスで簡単にひっくり返るのがオセロの終盤。そのことに対する緊張感が足りませんでした。36が悪手。ここは白a8→黒d8→白f8!と打つのが比較的簡明で白の+12形勢。実戦36で一気に引き分け形勢です。42は白a8→黒g4→白f1!と打つのが唯一の勝ち手順(それでも僅か+2)でした。この進行も読んだのですが、実戦g4でいけると判断してしまいました。実際には43が好手で既に形勢逆転。この数手前からすでに岩田五段は一手30秒の秒読みに入っています。対して残り10分以上あった私の持ち時間も急速に減少。その残り数分を全部投入して50を数えたのですが、白a8→黒g7→白h8→黒b8→白h7→黒h2→白h1→黒g1→白パス→黒a1→白パス→a2→白b2は引き分け負け。白h1→黒g7→白h8→黒h7→白a8→黒b8→白h2…(以下前出手順と同様)も引き分け負けです。一本道で負けるぐらいなら、と変化を求めてg1ですが、黒の着手が的確でかえって敗差が広がりました。

経験済みの手順を小考のみで打つのは良いとしても、未知の局面に入った時に頭を切り替え、たっぷり時間を使って打たなければいけませんでした。前半の貯金をあてにして読みが雑になったのが敗因だと思います。



5回戦
●黒田卓司 Kuroda Takuji
○村上 健 Murakami Takeshi

この試合は4回戦と全く逆の展開になりました。私は一手一手長考。対する黒田三段はほとんど時間を使わずにズバリ、ズバリと打ちます。そしてその多くが好手なのですから参ります。時間的にも形勢的にもかなり追い込まれてしまいました。

序盤19は悪手なのですが、20が悪手のお返し(正解は白f3)。24は好手。36ではb2も考えたのですが、以下黒f1→白g1→黒f7…で自信がありませんでした(白+4形勢)。44は勝負所だと感じたのですが、残り時間が少なく十分読むことができません。黒b7の通しを食らうと負けなので46g2。白通しを切る黒g8。このあたりは両者ほぼ最善です。48~54も双方最善。55で黒はどう打ちますか?

正解は実戦のb8! 偶数理論から黒はいずれはここに打たされるので、今打っておけばブラックラインを黒が確保できます。黒b8を先延ばしにしてブラックラインに白石が乗ってから黒b8→白a8では、ブラックラインを白に取られてしまうのです。中級者の参考になる手筋だと思います。58もうっかりすると間違えてしまいそうですが…。

実戦a2が正解。この結果b2は黒に取られますが、d4とg1を白石にすることで初手白g1よりも2石差の得となります。結果は引き分け。そして引き分け勝ちの権利は私に! 時間と形勢の両方で常にリードされていたので、しばらくは信じられませんでした。なんとも幸運な勝利で3勝目を挙げ、王座戦の出場権利(3勝以上)を獲得することができました。



6回戦
●村上 健 Murakami Takeshi
○白井宇京 Shirai Ukyo

この12はよく打たれるのに研究しておらず、15から(自分にとっては)未知の局面になりました。黒は19でどこに打つべきでしょうか?

正解は実戦の黒b4! 「中辺の横取り」と呼ばれる打ちにくい手ですが、この手を打たないと白d8→e7と下辺方面で連打されて苦しくなります。私は23で長考。下辺方面の利き(黒c8→白b8、あるいは黒f8→白g8)を今使うべきか、また使うとしたら黒c8とf8のどちらを使うべきか、色々と後の変化を考えたのですが変化が多過ぎて考えがまとまりません。結局下辺は保留してg4と打つことにしました。24はa6から引っ張るのも有力。27でまたまた下辺の利き筋も含めて迷いましたが、結局単にh5。28はg6が一番嫌でした。黒からg6に打てて有難いと思ったのですが、その後ほぼ一本道で36まで進んでみると非常に難しい形勢です。これからひと波乱もふた波乱もあるな、と感じました。37~39はお互い最善。40はd1を予想し、以下黒e1→白f1→黒g1→白b2で難しいと思っていました。ところが白は40でa4! これで急に局面が簡明になりました。黒41と打たれると、42a6なら黒b7が厳しく、かといって実戦のような流れでは奇数理論にハマってしまいます。黒は47でどう打つべきでしょうか?

コンピューター的な最善は黒a7! しかしこれは白b2と打たれ、黒の寄せがかなり難しくなります。実戦の進行ならば奇数理論のおかげで黒は数か所で手止まりを打ち簡明に勝てます。

成績は4勝2敗。優勢から猛烈に追い込まれるも奇跡的に2石勝ち(藤田戦)、中盤で敗勢から相手のミスで希望が生じたものの細かく足りず負け(宮崎戦)、形勢と残り時間の両方で楽勝と思っていたのに逆転負け(岩田戦)、形勢と残り時間の両方で追い込まれるも奇跡的に引き分け勝ち(黒田戦)、とハラハラドキドキするドラマチックな試合が多く、非常に充実した大会でした。

大会後は十数人のオセラー(年配者多し)で飲みに行きました。これも非常に楽しかったです。

nice!(0)  コメント(4) 

フランス語72 (草食系)

前回ご紹介したニュース番組の後の方に、日本の草食系男性に関する特集がありました。20分58秒から始まります。

草食系.png
https://www.youtube.com/watch?v=Vn_rYwmcYw0(20:58~)

“Mais d’abord nous partons au Japon où la société tout entière s’interroge sur son modèle patriarcal sur les relations très codifiées entre les hommes et les femmes. Les journalists et les socioloques pointent l’apparition d’un nouveau type de trentenaire. On les appelle les herbivores. Ils tournent le dos au style de vie traditionel axé sur le travail, la famille, et l’autorité. C’est le Dossier cette édition, et il est signé de nos envoyés spéciaux Pascal Golomer et Sylvain Giaume.” “En plein coeur de Tokyo, au fond d’une ruelle, une petite maison. C’est là que Masato passe le plus clair de son temps. Il chambre, ça lui suffit pour entreposer ses platines, ses mangas, son ordinateur, et jouer de la music. À vingt-six ans il n’en manque pas plus. Une petite vie tranquille en somme, qu’il partage avec ses colocataires. Il travaille juste de quoi gagner suffisamment d’argent. Il n’y a pas de fiancée pour l’instant.” “Un jour je me marierai peut-être, mais je ne me prend pas la tête avec ça pour l’instant. Mon premier but aujourd’hui, c’est de profiter de la vie, de m’amuser.” “Mine de rien Masato et les jeunes qui lui ressemblent sont des rebelles. On leur a même trouvé un nom : les herbivores. Non pas qu’ils soient végétariens. Mais c’est pour mieux les opposer à l’image un brin stéréotypées des hommes japonais. Des col blancs toujours débordés de travail qui ne prennent jamais le temps de souffler, et qui à la maison se comporteraient en mal; terribles et dominateurs, une armée de prédateurs ??????. Non merci, dit-Masato, ce modèle-là on n’en veut plus.” “Avant on était censé avoir une carrière, fonder une famille, acheter une maison. Mais aujourd’hui même si on n’ateint tous ces objectifs, on n’est pas forcément malheureux. Le bonheur, pour moi, se trouve plutôt en choisissant un autre chemin que celui-là.” “Ce phénomène des herbivore, les médias japonais se sont emparés avec délectation. Mais qui sont-ils? Que veulent-ils, ces hommes? Le mal japonais est-il une espèce en voie de disparition dans les soirées? Maki Fukazawa n’est pas mécontente de son coup. C’est elle qui a lancé le mot herbivore dans la chronique d’un journal. Et pour elle, il ne s’agit pas d’un énième effet de mode.” “Selons certain sondage récent, soixante pour cent des hommes salariés se déclarent herbivore. J’étais moi-même très étonnée de ce résultat, mais c’est la preuve qu’il s’agit d’une majorité qui jusqu’à présent était silencieuse.” “Et si les femmes devenaient du coup les nouvelles prédatrices? ???? et son amie ???? acceptent volontiers l’étiquette. Leur priorité aujourd’hui, c’est de réussir leur carrière et de savourer leur indépendence. Elle sont de plus en plus nombreuses à tourner ainsi le dos au modèle traditionnel de la femme japonaise. Il y a prendre leur revanche.” “Le Japon est encore en retard sur la place de la femme. Il y en a de plus en plus ?????? carière et on nous écoute plus serieusement qu’avant. Désormais c’est notre tour.” “Ces jeunes femmes ont au moins un point commun avec les hommes herbivores : elles veulent repousser à plus tard la décision de fonder une famille, ce qui ne va certainement pas améliorer le taux de natalité au japon déjà l’un des plus faibles au monde.”

「しかしまずは日本から始めましょう。そこでは家父長制的規範、男性と女性の間の非常に規範化された関係について、社会全体が自問しています。ジャーナリストと社会学者はアラサー世代における新たなタイプの出現を指摘しています。彼らは草食系と呼ばれています。彼らは仕事、家族、そして権力を中心に据えた伝統的な生活様式に背を向けます。特派員パスカル・ゴロメールとシルバン・ジオームが取材した今日の特集です」「東京の真ん中、ある路地の奥にある小さな家。ここが正人が大部分の時間を過ごす場所です。???部屋ですが、彼のオーディオセット、漫画、コンピューターを置き、音楽を奏でるのにはこれで十分です。26歳の彼には、これ以上の物は必要ありません。つまりこれが、彼が同居者たちと共に過ごしているささやかで静な生活です。彼は必要なお金を稼ぐ分だけ働きます。今は婚約者はいません」「いつか多分結婚するでしょう。しかし今のところはそのことに頭を悩ませてはいません。今一番大事なことは今の生活を楽しむことです」「涼しい顔をしてはいますが、正人や彼に似た若者たちは反逆者です。名前も付きました。『草食系』です。彼らが菜食主義者であるということではありません。これは、やや型にハマった日本人男性のイメージと彼らをよりはっきりと対比するための名前なのです。いつも仕事に追われて一息つく間もないホワイトカラーたち、彼らの家庭での振る舞いは高圧的かつ横柄で、まるで???な肉食動物の群れです。もう結構、と正人はいいます。このようなお手本はもう必要ない、と」「昔は就職し、家庭を持ち、家を買うのがあたりまえでした。でも今は、これらの目標に届かなかったとしても必ずしも不幸とは言えません。私にとっての幸せは、むしろこれとは違う道を選ぶことにあります」「日本のメディアはこの草食系現象に大喜びで飛びつきました。しかし彼らは一体何者なのでしょうか? これらの男性は何を求めているのでしょうか? この日本病はすぐに消えてしまう短期的な現象なのでしょうか? 深沢真希は自分の仕掛けに満足しています。ある雑誌のコラムで草食系という言葉を使ったのは彼女です。彼女にとってこれは単なる流行廃りの話ではありません」「最近の調査によると、サラリーマンの60パーセントが自分は草食系だと言っています。私自身この結果には驚きましたが、これは草食系がいままで沈黙していただけであって、実は社会の多数派であったことの証拠です」「結果として女性たちが新たなる肉食系になったとしたらどうでしょうか? ???と彼女の友達???は喜んでこのレッテルを受け入れます。彼女たちにとって今大事なのは、仕事で成功して自立した生活を楽しむことなのです。伝統的な日本女性の規範に背を向ける女性たちはどんどん増えています。彼女たちは反撃に出ているのです」「日本では女性の地位がまだ低いです。???な人たちがどんどん増え、みな以前よりも真剣に私達の主張を聞いてくれます。これからは私たちの番よ」「このような若い女性と草食系の男性に共通する点が少なくとも一つあります。彼女たちは家庭を持つ決断を後回しにしたいのです。これが、すでに世界最低水準にある日本の出生率を改善することにならないのは確実です」

nice!(0)  コメント(0) 

フランス語71 (20 heures)

2009年12月29日放送のニュース番組20 heuresです。この番組は結構たくさんユーチューブに投稿されているのでちょくちょく見ています。会話と違ってニュースは非常に聞き取り易いですね。今回の分(最初の数分間だけですが…)も数回聞いただけですべて理解できました。

20 heures.png
https://www.youtube.com/watch?v=Vn_rYwmcYw0

Dans l’actualité ce soir : la fin d’un calvaire pour les deux jeunes françaises emprisonnées depuis dix-huit mois en République Dominicaine. Elles ont été libérées, vont regagner la France demain, partir en vacances. Elle avaient été interpellées en possession de cocaïne, et disaint avoir été piégées.

今夜のニュースです。18か月前からドミニカ共和国で投獄されていた二人の若いフランス人女性の苦難が終わります。彼女たちは解放され、明日フランスに帰国し、バカンスに出発します。彼女たちはコカインを所持しているところを職務質問されましたが、罠にはめられたと主張しました。

La France va modifier et renforcer le contrôle dans le transport aérien. Les informations sur le profil des passagers sont transmises à la police dès la réservation des billets. Le gouvernement veut obtenir une réglementation européenne.

フランスは空輸時の検査を修正し強化します。乗客に関する情報が、航空券の予約と同時に警察へ送られます。政府は欧州全域での規制を目指しています。

La Chine ignore tous les appels à la clémence. Pour la première fois en cinquante ans un Occidental a été exécuté là-bas. Il s’agit d’un homme de nationalité britannique condamné à mort pour trafique de drogue et malade mentale. Indignation à Londres.

中国は寛大な処置を求める声を全て無視しています。過去50年間で初めて西洋人が中国で処刑されました。処刑されたのは麻薬持ち込みの罪で死刑判決を受けた英国籍の男性で、彼は精神疾患を患っていました。ロンドンで怒りの声が上がっています。

Une étude sur la grippe A. Elle montre que des millions d’adultes ont sans doute été contaminés par le virus mais sans presenter les symptômes de la maladie. Le test a été mené à Marseille auprès de deux mille femmes enceintes.

A型インフルエンザに関するある研究によると、過去数百万人の成人が、症状の出ないままにこのウイルスに感染したそうです。この検査はマルセイユで、妊娠中の女性二千人に対して行われました。

nice!(0)  コメント(0) 

フランス語70 (今を生きる②)

NeilがToddと話すシーンです。Toddの兄は同じWelton Academyを優秀な成績で卒業した秀才。末っ子のToddは内気で平凡な生徒で、裕福な両親にはあまり構ってもらえないのでしょう。2年連続で同じ誕生日プレゼントを貰った、というエピソードからそれが伺えます。

一方のNeilは中流家庭の一人息子で、両親は彼を名門Welton Academyに通わせるために経済的に相当無理をしています。父親の希望はNeilが医者になること。Neilは猛勉強して父親の期待に応えようとします。

それぞれの悩みを抱えた二人が語り合うこのシーンは、短くて地味ながらも心を打ちます。特に、ユーモアを交えてToddを励ますNeilの優しさが素晴らしいですね。

Dead Poets Society ③.png
https://www.youtube.com/watch?v=_N6Y5nn0PWY

“Todd? Salut.” “Bon soir.” “Qu’est-ce qui se passe?” “Rien. C’est mon anniversaire.” “C’est ton anniversaire? Bon anniversaire!” “Merci.” “Qu’est-ce que t’as eu?” “Mes parents m’ont donné ça.” “Un neccessaire de bureau? ?????????” “C’est exactement le même cadeau que l’an dernier.” “Ils ont pensé que l’ancien devait être usé.” “ je crois qu’ils n’ont pensé à rien du tout. Tu sais, ce qui est le plus drole, c’est que je trouvais déjà ça moche la dernière fois.” “Ha, ha. Todd, je suis sûr que tu sous-estimes la valeur de ce neccessaire. Qui peut avoir envi d’un ballon de football ou ??????? ou...” “Ou une voiture.” “Oui, une voiture plutôt qu’un neccessaire aussi sublime que celui-là? Je parie que si j’avais très envie de m’acheter un neccessaire deux fois, je prendrai probablement ce neccessaire-là. Oui, les deux fois. ???????, la forme est plutot aérodynamique, hein? Ça sent tout de suite. Ce neccessaire voudrait voler. Todd, le seule neccessaire de bureau volant sans pilot. Bah, ne t’en fais pas. T’en aura un autre l’année prochaine.”

「トッド? やあ」「こんばんは」「どうしたんだい?」「何でもない。僕の誕生日なんだ」「君の誕生日? 誕生日おめでとう!」「ありがとう」「何を貰ったの?」「両親がこれをくれた」「デスクセットか。??????」「去年と全く同じプレゼントなんだ」「前のやつはもうボロボロになったと思ったのかな」「????きっと何も考えてなかったんだよ。可笑しいのは、去年貰った時も気に入らなかったってことさ」「ハハハ。トッド、君はこのデスクセットの価値を過小評価しているよ。これほど素晴らしいデスクセットの代わりにフットボールのボールや???や…」「車?」「そう、車を欲しがるやつがいるかい? もし僕がデスクセットを2回買いたくなったら、多分このデスクセットを買うね。2回ともだ。????この形はなかなか航空力学的だね。すぐに感じる。このデスクセットは飛びたいんだ。トッド、無人飛行する唯一のデスクセットだ。まあ気にするな。また来年同じものを貰えるよ」

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。