So-net無料ブログ作成

フランス語77 (2012年)

以前投稿した2012年に関する動画を久しぶりに見てみました。当時は何箇所か分からない部分があったのですが、今聴くと全て理解できます。継続的に勉強してきた成果かな、と思うと嬉しいです。

赤字は今回書き足した部分。これでほぼ完璧だと思います。

2012.png
http://www.youtube.com/watch?v=h6N5qTLLo70&feature=related

Au fait, j’espère que vous n’avez rien prévu le vingt-deux décembre deux mille douze. Sinon il faut annuler parce que vingt et un décembre deux mille douze, c’est la fin du monde. Ah oui, la rumeur circule partout sur Internet. Hollywood sort même un film catastrophe qui s’appelle deux mille douze. Bon, nous, on n’a même pas peur. Mais on s’est quand même demandé pourqoui cette date? Eh bien, ça vient des Mayas, la civilization qui a dominé le Sud-Mexique et l’Amérique Centrale pendant plus de mille ans avant l’arrivée des Espagnols. Les Mayas croyaient que l’univers est une suite de cycles de création et de destruction. Leur calendrier, qui s’appelle le grand cycle, démarre a la naissance du soleil qu’il fixe le treize août trois mille cent quatorze avant notre ère. Il s’acheve un million huit cent soixante douze mille jours plus tard, soit le vingt et un décembre deux mille douze, date à laquelle l’univers Maya retourne à l’état de néant. Même si on n’y croit pas, il faut reconnaître que les Mayas étaient de sacrés astronomes. En observant le ciel à l’œil nu, ils sont arrivé à calculer que le cycle de la Lune est de vingt-neuf virgule cinq mille trois cent huit jours. Vingt-neuf virgule cinq mille trois cent six corrigent aujourd’hui des astrophysiciens avec leurs ordinateurs. Chapeau à les Mayas. Finalement, la seul chose qu’ils navaient pas calculé, c’est que leur civilization disparaîtrait près de mille ans avant la fin du monde. Maintenant, vous savez.



ところで、あなたが2012年12月22日に何も予定を入れていないことを期待しています。もしそうでなければキャンセルする必要があります。なぜならば2012年12月21日は世界の終わりだからです。この噂はインターネットの至るところに流れていますす。ハリウッドでは2012年というタイトルの映画まで作られました。もちろん私たちは怖がってはいませんが、しかしなぜこの日付なのかと不思議には思っています。さて、この話はマヤ族から来ています。マヤ文明はスペイン人たちが来る前にメキシコ南部と中央アメリカを千年以上も統治していた文明です。マヤ人達は、世界は創造と破壊を繰り返す大いなる循環だと信じていました。「大いなる循環」と呼ばれる彼らの暦は紀元前3114年8月13日から始まっており、その日は太陽が生まれた日とされています。そしてその暦は1872000日後、すなわち2012年12月21日に終わっており、この日はマヤの世界が無の状態に戻る日とされているのです。たとえこれを信じないとしても、マヤ人達が素晴らしい天文学者であったということは認めなければなりません。肉眼で空を観察することによって、彼らは月の周期が29.5308日であることを計算しました。今日天文物理学者たちはコンピューターを使い、この周期を29.5306日と訂正しています。マヤ人に脱帽ですね。最後に、彼らが計算できなかった唯一のことは、彼らの文明が世界の終りの千年近くも前に滅亡してしまう、ということでした。さあ一つ賢くなりましたね。

nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。