So-net無料ブログ作成

品川ニューイヤーズカップ

明日は品川ニューイヤーズカップですね。強豪相手に7試合も打てるのはオセロ選手冥利に尽きるというもので、毎年楽しみにしています。

昔新宿のコスモがあった頃は1月3日に新宿王座戦が開催されていました。その後コスモはなくなってしまったのですが、中島八段の尽力で今でも新春のこの大会が続いています。全く有難いことです。

昔の王座戦から懐かしい棋譜を一つ御紹介します。


1995年1月3日 新宿王座戦 第4試合
●村上 健 Murakami Takeshi
○金田 繁 Kaneda Shigeru

これはなかなかの好局だと思います。見どころは沢山あるのですが、一例は黒33までの局面。ぜひ盤面を進めて白の34手目を考えてみて下さい。

一見白h3と打ってb3とh4を見合い(どちらかは白が打てる)にするのが上手い手に見えますが、34h3には黒f8!が絶妙手(ぜひPutをクリックして手を進めてみて下さい)。以下白h8→黒b3となると、白が右辺方面をどう打ってもd8に打てるようにならず、d8の1個空きを除くと右方面が4個空きであるために、白は結局左下方面に打たされて負けてしまうのです。

私はこの必殺手を読んでいました。金田七段もこの手を読み、34h4(最善手)とかわしたのです。以下終盤も二転三転し敗着は白48。ここは白d1!ならば白2石勝ちでした。49が唯一の勝ち手で、以下は双方最善です。

nice!(0)  コメント(0) 

詰めオセロ・解答(⑤番)

詰めオセロ8.png
白番。最善手順は?

でってぃうさん、正解です! この局面のポイントは左上の3個空き。ここに白b2と打った時に黒にa1→a2の連打、あるいはa2→a1の連打を与えると勝てません。初手b2は黒a2→a1の連打。初手a6やa8は黒g7!が好手で、以下白がどう打っても黒g1→白b2の時にホワイトライン(a1~h8の斜めライン)が白一色となり、黒a1→a2の連打です。この連打を防ぐ唯一の手順は初手白h8→黒g7→白a6! ここまでは比較的読みやすかったと思います。

以下黒g1→白b2→黒a1も必然で、次の局面になります。

2.png

ここでは「双方の打てる1個空きには先着せよ」の格言通りa2が最善のように見えますが、でってぃうさんの指摘した通り白a7!という妙手があります。これでa2とa8を見合い(どちらかは白が打てる)にして白勝ちです。このパターンは実戦でもたまに出てくるので覚えておいて損はありません。

nice!(0)  コメント(0) 

詰めオセロ・解答(④番)

詰めオセロ7.png
黒番。最善手は?

NO NAMEさん、正解です! 黒はh2かh3に打ってg2を黒くしてa8を狙うしかないのですが、恐らく多くの有段者がh2を選ぶのではないでしょうか? というのは、黒h2→白h3となった時と、黒h3→白c1→黒a8→白h2となった時を比べると、後者の方が右上方面の石を沢山取られてしまうからです。有段者の感覚からいうとh2が筋の良い手、h3は筋の悪い手です。

しかし筋に頼って読みを怠るのは、時としてまずい結果をもたらします。私も深く考えずにパッとh2を選んでしまったのですが、次に白c1とごく普通の手を打たれて蒼くなりました。

1.png

なんと、黒a8→白h3で黒がa3に打てなくなるではありませんか!! 以下黒g7→白h8→黒b1→白a1→黒b2→白a3で白の4石勝ちになります。

初手h3ならば、白がどう応じても黒a8→a3→a1と左辺を取っていく手順があるために黒が勝てるのでした。

nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。