So-net無料ブログ作成

髙山vs左右田戦・解答

新学期が始まって何かと慌ただしく、解答が遅れてしまいました。申し訳ありません。佐谷さん、拓冬蛍さん、でってぃうさん、はせらさん、コメントをありがとうございました! 皆さん正解です。

50.png
問題① 白番。最善手順は?
●髙山照浩 Takayama Akihiro
○左右田駿 Souda Shun

正解は白b7!→黒a8→白b8→黒h8→白g1→黒b2→白h1→黒パス→白h3→黒パス→白g7→黒パス→白a1→黒a2(白10石勝ち)。初手白b7は黒に左辺、下辺、右辺の3辺を与えるので打ちにくい手ですが、白g1からの5連打で快勝です。

52.png
問題② 白番。最善手は?

上辺方面は3個空き(a1、a2、g1)となっており、手止まりを打つためには白g1が必然に思えます。観戦者の誰もがそう思いました。左右田君もそう思ってg1に打ったのですが、以下黒a1→白a2となった時に左下と右下が両方とも黒のハイパー偶数(黒がパスになるために黒は偶数空きに先着する必要がなく、逆に白が偶数空きに先着させられる状態)になっています! 以下白a8→黒b8→白g7→黒h8で黒の2石勝ち。信じられないような黒の逆転勝ちとなりました。

図での最善手は白g7! これはh8に白から打てない1個空きを作り、なおかつ上辺方面の3個空きに黒から先着させる大悪手に見えるのですが、もし白g7に対して黒a1ならば白a2→黒g1→白a8(この時に黒はb8に打てない!)→黒h8→白b8と一本道で白の8石勝ち。

従って初手白g7に対して黒はh8と隅を取るしかなく、以下白g1→黒a1→白a2→黒b8→白a8で引き分けになります。初手白g7は全く人間の盲点に入る絶妙手ですね。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。